【いつやるの?】OB訪問に最適な時期とは?

OB・OG訪問

最近多くの就活生が口にする、この「OB訪問」。

「いつしたらいいのかわからない!」「メールや質問を考え方がわからない!」と困っている就活生も少なくないでしょう。

そこで今回は、OB訪問をすべき時期についてご紹介します。

OB訪問はいつするべき?

まず、通常のOB訪問のピークがいつなのかご存知でしょうか?

例年、OB訪問は、本選考の2~3か月前がピークになります。毎年の就活の本選考はほぼ6月スタートです。

つまり、OB訪問のピークの時期は、3月~4月になると考えられます。

そのため、それよりも前にOB訪問を始めれば、周りに差をつけることができます。

極論を言えば、OB訪問はいつでもすることができます。大学3年生に限られているわけではありません。大学1,2年生でもやろうと思えばできるのです。

早め早めに、かつ、継続的に行い、たくさんの情報を手に入れましょう。

OB訪問を早めに行う3つのメリット

ここまで、OB訪問をするべき時期を紹介しました。

それではなぜ、OB訪問は早めに行うのが良いのでしょうか。

具体的なメリットを3つ紹介します。

①丁寧に対応してくれる

ピークよりも早めにOB訪問を行うことで、OBの方はより丁寧に対応してくださるでしょう。

人気企業のOBはピーク時になると何件もOB訪問を依頼され忙しくなってしまいます。

しかし、OB訪問が本格化する前であれば、OBはピーク時ほど忙しくはありません。

時間的にも気持ち的にも余裕ができ、ピーク時よりも丁寧に対応してもらえるでしょう。

さらに、OB側としても、大量の就活生のOB訪問より少数の就活生に接しているときの方が印象に残りやすいです。

早い時期に好印象を残せれば、その後の選考で可有利になるかもしれません。

②OB訪問が成立しやすい

ピークよりも早めにOB訪問を行うと、OB訪問が成立しやすくなります。

もちろん、OBは普段お仕事をされています。ただでさえ忙しく、その中でOB訪問に時間を割かなければいけなくなるのです。

そのため、ピークの時期は、多くの就活生が一斉OB訪問の依頼をし、多くの就活生によって奪い合いになってしまうかもしれません。

そうすると、自分の希望の業界や企業のOBにOB訪問できない恐れがあります。

そのため、早めのOB訪問が大事になるのです。

③多くのOBに出会える

早い時期にOB訪問を行うことで、たくさんの社会人に会える可能性も高くなります。

早い時期だと、訪問するOBだけでなく、社内の他の社員、また他の企業の社員などもこの時期には余裕もあります。

もしかすると、OB訪問した人が別の部署のOBや同業のOBを紹介してくれるかもしれません。

もともと希望していたOB以外にも、様々な職種、企業の人と接しお話しを聞くことで、自分の視野やキャリア観を広げることができます。

また、業界・企業研究に役立ったり、自己分析を深められたリ、より多くの社会人に自分をアピールできたりします

大学1、2年生からでもできるの…?

先ほどから、早め早めにOB訪問したほうが良いと紹介していますが、では、大学1,2年生もOB訪問をすることはできるのでしょうか?

単刀直入に言えば、できます

就活生に比べ、業界、企業の情報や、OB訪問の知識は浅いかもしれません。

しかし、今はOB訪問に特化したアプリサービスもあるため、誰でも気軽にOB訪問をすることができるのです

ですが、働くOBの貴重な時間を割いていることには変わりはありません。

大学1年生であっても、最低限のマナーは調べて身に付けておいてから、OB訪問をするようにしましょう。

早いうちからOB訪問を行い、良好な関係を続けられるといいですね。

まとめ

今回は、OB訪問をするべき時期について紹介しました。

OB訪問をすれば必ず内定がもらえるわけではありませんが、OB訪問で得られる情報はかなり貴重なものです。

ぜひ、早めにOB訪問を開始し、就活を前進させましょう。

 

まとめ

 

大学・学年関係なくOB訪問できるアプリ、OBトーク!

5分でOB訪問・就職相談の相手が見つかる!学生と社会人のマッチングアプリ。
人気企業の先輩が多数登録。出身大学でないOBでもOK!

アプリストアへ Webページを見る