【違いは?】スタートアップ・大手・ベンチャー・中小企業の違いとは?

就活ノウハウ

就職活動を進めていくと、スタートアップ・大手・ベンチャー・中小企業と言った様々な企業を目にすることが多くなります。

そこで自分がどの企業に向いているのか、どの企業に入りたいかで悩むのではないでしょうか?

そこで今回は、スタートアップ・大手・ベンチャー・中小企業について解説していきたいと思います。

ベンチャー企業とは?

「ベンチャー」のもともとの意味は「冒険的な」という意味です。

そのため、大企業などが取り組んでいない、革新的なアイデアや技術で新しいサービスやビジネスを展開する中小企業などを意味しています。

このベンチャー企業と呼ばれる明確な基準や定義は存在しません。

そこで、今回は一般的にベンチャー企業と呼ばれる大まかな基準を紹介したいと思います。

それは、1.成長過程にある企業2.ベンチャーキャピタルなどの投資機関から資金援助を受けている企業3.ベンチャー指定を受けているというものです。

ベンチャー企業は新たなビジネスを育ている状態ですので、将来的には大きく化ける可能性のあるものの、現状は財政的に厳しいと言うことが多いです。

ですので、ネームバリューや福利厚生に比重を置いているのでなく、やりがいや企業のビジョンに共感できる方、自己成長を求めている方のなどにがオススメです。

スタートアップ企業とは?

ではスタートアップ企業とはなんなのでしょうか?またベンチャー企業との違いはどこにあるのでしょうか?

スタートアップ企業ベンチャー企業の中でも特に「短期間で急激に成長を遂げる」という点のある企業です。

こちらも明確な基準は無く、一般的に「新しいもので、世の中に新しい価値をプラスし、人びとの役に立つ」ものとされています。

ですので、既存のサービスの延長線上にあるビジネスの場合は、創立してすぐの段階だとしてもスタートアップ企業とは呼ばれません。

前人未踏の分野を切り拓きたい人や、売上が急激に伸びていくのに伴って従業員数が増えていき、社内は熱気に満ちていくので、大企業では感じられない急成長感や熱気などを感じたい人にオススメです。

中小企業とは?

中小企業とは会社の規模を意味する言葉です。

従って、上記のベンチャー企業やスタートアップ企業のように基準・定義が不明確でなく、資本金額や従業員数で明確に基準・定義が決まっています。

その基準・定義は業界により異なりますので、中小企業庁のHPなどで確認してみましょう。中小企業庁のHPはこちらです

大組織が苦手な人や、経営者との接点が近い環境で働きたい人などが向いています。

大手企業とは?

大手企業とはどのようなものでしょうか?大企業と大手企業の違いについても理解する必要があります。

大企業とは上記の中小企業以外のことを指します。こちらは中小企業以外という明確な基準・定義があります。

しかし、大手企業には明確な基準・定義はなく、簡単に言うと「各業種のシェア上位を争う凄い企業」です。

日本の業種数が約100種類ありますので、各業界のトップ2・3社をピックアップしても約200~300社ほどです。

大企業が1万1千社ある中の200~300社ですので、とても数少ないものであると言えます。

とても数少ないトップ企業ですのでネームバリューが欲しい人や、また大手企業は人数も部署も多いので、自分の思い通りに物事を進めれるよう根回しが上手な人が向いていると言えます。

まとめ

企業の特徴を把握し、自分に向いている企業を中心に就活することでミスマッチを未然に防ぐことができます。

自己分析や自分を客観的に見て、上記に当てはめ自分に向いている企業を探してみましょう。

大学・学年関係なくOB訪問できるアプリ、OBトーク!

5分でOB訪問・就職相談の相手が見つかる!学生と社会人のマッチングアプリ。
人気企業の先輩が多数登録。出身大学でないOBでもOK!

アプリストアへ Webページを見る