【例文付き】自己PRの書き方 面接での活かし方

自己PR

就活で自己PRが重要なのは分かっているけれど、書き方が全く分からない…

そんな方も多いのではないでしょうか?

今回は、自己PRについて説明します!

書き方例文面接での活用方法まで紹介していきます!

新卒だけではなく転職にも必須知識ですので、是非習得しましょう!

自己PRの書き方

履歴書やエントリーシートの自己PRは、書類選考において採否を判断する重要な基準になります。

他にもたくさんのライバルがいる中で、自分が採用されるにはしっかりと自分の強みを伝える必要があります。

以下で紹介するポイントをよく読んで、書いてみましょう!

入念に自己分析をする

自己PRを書き始める前に、自己分析を行うと良いでしょう。

自分がやりたいことは何なのか、自分の強みは何なのか、十分に理解しないままPRをしても説得力がありません。

自己分析については以下の記事で説明していますので、是非ご覧ください。

【就活生必見】今日から始める自己分析のやり方
自己分析って大切なのは分かるけど、やり方が分からない...という方が非常に多いのではないでしょうか?また、調べてみたはいいものの「自己分析診断サイトを使う」だとか、「自己分析本を読む」だとか、とにかくツールが多すぎて何を使えばいいの...?

文の構成を分かりやすく!

採用担当者は、大量の自己PRを短期間で処理しなければなりません。

そのため、だらだらした文、何を一番言いたいのかわかりにくい文はかなりマイナスイメージを持たれるでしょう。

スッキリして読みやすい文を書くためには、構成を分かりやすくする必要があります。

具体的には

  1. 要旨、抽象的な要素
  2. 具体的なエピソード、裏付け
  3. まとめ

という構成がおすすめです!

まず抽象的な話をした方が、読んでいて分かりやすいです。

戦力になりそうな印象を与える

企業が何のために採用活動をするかというと、戦力にするからです。

戦力にならなければ、採用したいと思いません。

自己PRもそれを意識して書くと良いでしょう。

例えば、サークルの代表をやって培われたリーダーシップは会社でどのように活かすことができるのか…

といった感じで文面を考えるようにしましょう!

企業ごとに違う自己PRを書く

企業によって求める人物像は違います。

その企業に寄り添った自己PRにした方がウケがいいでしょう。

しかし、企業に合わせて自分の軸を見失ってはいけません。

あくまで自分のための就職活動なので、自己分析で得た軸はそのままに、戦略的に書く内容や表現を変えましょう!

文字数を増やしすぎない

小さい文字で大量の文字を書くと、非常に読みにくいです。

自分が読みやすいと思う適切な大きさと分量で書くように注意しましょう。

自己PRの例文

何事もお手本を見ることで効率が上がります。

良いとされる例文を参考にして、自分の文面を推敲していきましょう!

以下のサイトは、職種別にたくさんの例文を記載しているため、おすすめです。

「リーダーシップ」の自己PR例文
転職・求人サイトの「マイナビ転職」 - 同僚に相談されることが多い。責任感が強い。周りの人を巻き込んで仕事を進めることが得意である。

面接での自己PR

自己PRを考えることは、面接でも役立ちます。

面接で効果的に自己PRを行うためのポイントをご紹介します!

エントリーシートを元に話を組み立てる

面接は、エントリーシートの内容を元に行われることが多いです。

そのため、大方の内容はエントリーシートの自己PRに沿って考えておくのが良いでしょう。

しかし紙と全く同じ表現では、話としてあまり聞きやすくなくなります。

抽象→具体→まとめ の構成を意識して、聞きやすい話を組み立てましょう!

話し方に気を配る

面接は対話である以上、話し方1つで説得力がガラッと変わります。

下手な話し方だと、自分の強みが上手く伝わらない恐れがあるので、十分に気を配らなければいけません。

この点が、履歴書の対策とは大きく異なります。

面接での話し方は別の記事でも紹介していきたいと思いますので、是非ご覧ください!!

まとめ

自己PRとは何をすることなのか、お分かりいただけたでしょうか?

自己分析を行っていない人は、まずはそこから初めてみてください!

 

 

 

 

 

大学・学年関係なくOB訪問できるアプリ、OBトーク!

5分でOB訪問・就職相談の相手が見つかる!学生と社会人のマッチングアプリ。
人気企業の先輩が多数登録。出身大学でないOBでもOK!

アプリストアへ Webページを見る